CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 1ヶ月記念 | main | これは、何と読むでしょう? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
こばなし2
またやってしまいました。
というかコンティニューしてしまいました…。

当サイトの見解的
デフォ×デフォ子が前提の
こはね*(ポニテ)の独白。

オリジナル設定満載なので気を付けてください。
あくまで個人の妄想であり、萌を押し付ける気は一切ありませんので
ご理解のうえ、よろしければご覧くださいませ。
 


みなさんは『運命』って
あると思いますか?


私は
あると思います。


同時に『運命のひと』というのも
誰にでも必ず居るのだと私は思います。


というのも
私の親友が『運命のひと』と『運命的』な出会いをしたからなのですが。


最近は休日も仕事が多く滅多に彼女に会うことは出来ませんが、
ごくたまに会うと一緒に買い物に行ったり、遊びに行ったりします。

私が多くのひとの注目の的であり
さまざまなメディアを通じて夢を与える『この仕事』をするようになってからも
変わらず今までと同じように仲良くしてくれる。

数少ない
大切な親友の一人です。


なかなか学校に通えないから
会うと勉強を教えてくれたりもします。
たまに学校に行っても
さっぱり授業についていけなくて…卒業出来るのかしら、私。

それでも彼女は分かりやすく丁寧に教えてくれます。
教えるのが上手なので『学校の先生』に向いているかもしれません。
言うと「そんなことないから!」って笑いとばされてしまいますけど。


そんな優しい彼女に
『恋人』が出来たのです。
また遊べる機会が減ってしまいました…ちょっと彼氏さんに嫉妬。

そこは淋しいけど、やはり恋人と2人の時間も大切にしてもらいたいですから。


その恋人こそ
『運命のひと』だったのです。


話によると小さい頃は、何をするにも一緒の友達だったそうです。

「大きくなったら結婚しような!」

って約束しちゃうような。
当時から仲睦まじいラブラブなカップル(笑)だったようですが。


ところがある日突然、親の仕事の都合で引っ越さなければならなくなり
離れ離れになってしまったそうです。
当時は連絡先を交換するとかそういう知恵もなかったので
その後はまったく交流がなかったそうです。

お互いのことは全く知らず
それぞれが違う場所で
いろんなひとと出会いそれぞれの生活をする。

正直その過程の中で相手のことは忘れかけていた、と彼女は言っていました。


でも
心のどこかでは願っていたそうです。

『もう一度会えたら良い』と。

…それはきっと相手も同じだったのだと思います。



だからこそ
再会できた。
10年以上長い時を経て。


最初はぎこちなかったそうですが、
徐々にひかれあって、今では学内でも有名なカップルです。


これはこっそり聞いたことですが、近々同棲をはじめるようで…。


きっかけは付き合いはじめてから彼女が料理をするために
彼の家に通っていたことだそうで。

ちなみに彼はまったく自炊をしないらしいです。

栄養のバランスが気になるし、目を離すとコンビニだからつい…って
こうなると恋人というか『おかあさん』ですね(笑)

実際彼女は料理が趣味とあって和洋中なんでも行けます。
例外なく全部美味しいです。

彼女のすごいところは冷蔵庫の有り合わせの食材から効率的に料理を出来るところ。
『節約料理』とはまた別で、少ない材料をご馳走に変えるというか…。

「今日はスーパーで○○が安いから家にある△△と合わせてコレを作ろう」とか。

うまく言えないけどそういうのって
レパートリーがたくさんあるのとはまた別にすごいと思います。

ただ彼の家の冷蔵庫は水と納豆とマヨネーズしか入ってないらしいですけど…。


あ!ちょっぴり話が
脱線しましたね(笑)


まぁそれがほぼ毎日。
しかも場合によっては…やはり朝まで居ることもある
(…あ、ここまで言っちゃまずいでしょうか、ごめんね/汗)から

ついに彼の方から
「いっそ一緒に住んじゃおうか」
ってなったらしいですよ?


それにしても、恋人の居ない自分にとっては羨ましい話です。
付き合うようになってから彼女がどんどん可愛くなっていくんです。
もともと可愛らしいですけど、女の子らしく綺麗になっていく…というか。

恋は女の子を変えますね…うむむ。

まるでそれは
魔法のように

そんな「恋は魔法の呪文」っていう気持ちを歌にしたのがこの曲。


『恋のらんらんるー』(カード情報:参照)



----------------

「あの〜…管理人さんすみません、よろしいでしょうか?」
「なんでしょう」
「ギャグなんだかシリアスなんだかはっきりしてくださいよ」

「君が独白してるあたりでギャグ決定でしょう。
 こはね*は『もえあん。』笑い担当なんだから」

「…私のこと嫌いですか」
「好きだからこそ、だろう。親心を察しておくれよ」
「明らかにデフォ子ちゃんとの扱いが違いすぎます…」


* * *

これを書いた後で気づいたのですが、だいぶ前の記事に
「『こはね*』はCNであり、名前は『柚姫(ゆずき)』です」とか
書いていたと思うんですけど
「ゆかな」と「ゆずき」じゃどっちも『ゆ』じゃんと思ってしまって。

名前普通に『こはね』で良くね?とか思ってしまった自分。

でCNは『こはね*』である、と。
アイドルとしての芸名は『ゆずき』でも構わないかな?
…と、小話設定と使用キャラ設定を一緒にするあたりやはりやりたい放題だ。

そろそろ全員の名前出したいですね!
(そもそも全員出す気があるのか…)

そしてあとから考えた名前を残して先に考えたほうの名前を
変えてしまうあたりやはりこのサイト内でのポニテの扱いはひどいと思う。
 
| キャラ萌創作小話 | 15:59 | comments(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:59 | - | pookmark |
コメント
コメントする