CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< カード情報【*ゆかな*】 | main | 焼き芋の栄光 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
カード情報【*りおん】
201001132157000.jpg

キング・オブ・イキリポーズ(笑)
ねんがんの たからばこ を てにいれたぞ !

(最終更新:2010.5.27)

 
  
2枚目:*りおん


【1最終データ】

アバター:コックソフモヒ 
ヒーロー→野球選手→エンターテイナー科学者コック→科学者→コック
このまま科学者で行くと思いきや最後はコックで締めた。

所属ランク:Sリーグ 八段
見た目:髪色が茶色だったり緑だったり赤だったり。
    髪色や服装によって妙なあだ名をつけられていた。

あだ名:
・2枚目(サブカと美男子的な意味の『二枚目』をかけて/笑)
・ガリレオ(科学者のとき限定。元ネタはドラマ)
・タマネギ(緑髪のとき)
・栗(茶髪のとき)
・優等生(順調なとき)
・芋(赤髪のとき)
・ピ○ミン(こはね*が命名。青や黄色にしてもそう呼ばれる)

…とさまざまな愛称が。非常にイジられすぎ

GP事情:
グル生>自然科学>漫アゲ>エンタメ>>趣味雑学>スポーツ>>語文>歴地社
上4つまではそんなに大差がなく、なんだかんだでエンタメも追いつきました。
最後の最後で苦手が歴地社になりました。

主な取得タイトル:
『初代ノンプロ』『グルメ・生活大スキ!』
最後の職業がコックだったのでグル生好きになりましたが
実際は科学者やエンターテイナーでいた期間の方が長いです。


【2カード情報】

り「なんでいつもおれだけこの手の写真使うんだ…」

ツリーはマッチング時のほうが好き

ツリー点灯マジックを得意気に披露するポポロン。


*りおん リプルズではプラチナなのに本業はプロアンサー


【見た目】

全キャラ中一番着替えしてます。髪色も目の色もいろいろ変わります。
最近はポポロン(ライトオレンジ)が多い気がします。


【GP事情】

■超人:
■偉人:エンタメ・グル生
■国宝:
■名人:自然科学・スポーツ・漫アゲ
■師範:趣雑・語文・歴地社
■職人:

各ジャンルをバランス良くのばす…が目標ですが
何故か上3つがいつも異常に低くなる…。一番常識人の設定なんですけど。
エンタメ特化型(目標は箱!)だったのでエンタメしか投げていなかったら
見事に他の称号が貧弱になりすぎてしまったので最近はグル生も頑張ってます。


【クイズ形式事情】

■超人:連想・あまのじゃく・ビジュアル
■偉人:奪取・プレッシャー
■国宝:ウソつき
■名人:チキン・積み重ね・サバイバル・押しつけ・メドレー
■師範:
■職人:テクニカル・山分け

こちらも特筆するところなく…。


【目標】

り「これからも自分らしく進むさ」


【備考】

作られた順は2番目でありながら登場頻度は現在4番目。
一言で言えば『過保護なカード』。
調子の悪いときに連投させることはまずありません。無茶もさせません。
そのお陰か直近の決勝進出率は☆を除けば一番安定しています。
むしろ他がたまに叩き出す直近決勝進出率37%の方がおっかない…。

最近はエンタメに拘りすぎるプレイをやめてこはね*同様そのときそのとき
いいな、と思ったものを伸ばしているようです。




※ここから妄想域(反転)になります。苦手な方はお気をつけください。




**キャラ萌的情報**(最終更新:2010.1.15)


・本名:遠山 璃音(とおやま りおん)22歳。
・実は眼鏡愛用。仕事のときはコンタクト。
・一度白衣のときに眼鏡をかけたら思いのほかウケが良かったので調子に乗っている。
・自称クールな2枚目。自信過剰な発言が目立つが戦績はそれに伴わないヘタレ。
・よく奇跡を起こす。悪く言えば昔から思い通りに育たない問題児。
・ストレスがたまると白髪が増え髪が薄水色になり、寝不足で目が充血する(赤眼になる)。
 →容姿からついたあだ名は『らっきょう』(パステルブルー髪)
 →らっきょうスタイルの彼を見かけたら不調の証である。
・おかあさんを1クレ目で斬ったラッキーボーイ。だがタイトルは周囲に諭されて嫌々掲げている。
・理由はタイトル名が自分のキャラクターイメージに合わないから、だとか。
・2008年6月。『低い声が格好良くて気に入ったから』という理由でデビューが決まる。

・こはね*の容姿だけは好みのタイプだと気に入っている。
・中身を知るうちに「こいつとは深く関わりたくない」と思うように。
・しかしクイズの話では気が合うので、ついつい一緒につるんでしまうし食事の面倒も見る。
・こはね*がアホすぎるため心配で仕方ないらしい。
・こはね*の一途なところや、一度決めたことは例え無茶でもやり遂げようとするところだけは、自分にはない長所だと素直に認めている。
・たまにこはね*の相談にものるらしい。頼れる兄貴分な一面も。

・基本的に他人を名前で呼ばない。名前で呼ぶのは照れくさいんだとか。
・2になって出番が少ない。その理由は衣装変更の際の『あのポーズ』が苦手だからという噂もある。
・jubeatに絶賛ハマリ中。CNは『*RION』。ますますクイズが疎かに。
・何故か仲間にe-passのパスワードがバレており、勝手に変な称号に変更される。不憫。
・着うたは『IN THE NAME OF LOVE』(jubeat楽曲)歌詞がすごく好き。
 →憧れの某女の子を連想するらしいが…?残念ながら譜面は苦手らしい(笑)

・*ゆかな*のことは3枚目と呼んでいるが実は仲は良い。
 →ノロケ話に呆れる事は多々あるが、お互いツッコミに回ることが多いので意気投合している。
・なかなかテストに合格しない弟分、ふーたのことも若干心配している。
 →一応20歳になるはずなのにあまりにも子供すぎるだろ…って感じで。
・5枚目☆の存在をあまり良く思っていない。
 →自分の存在意義を脅かすものなので当然の流れか

・イメージ曲は96の『恐怖の右脳改革』(ギタドラ曲)
 →他にも96さんのギターバリバリ曲は*りおんのイメージにぐっとくる。




**関連のある方々** (最終更新:2010.1.15)


■とーまさん(モヒ/myuuさん)
・同じモヒの先輩として尊敬している。
・初代で衣装がシンクロして本当に嬉しかった模様。一度は対戦したいと願っている。
・12月に一緒にプロテストを受けた。
 →憧れの先輩と一緒にテストを受けられ、安心感から普段以上の力を発揮。見事合格できた。
・恋愛の面でも尊敬しているようです。個人的に連絡も取っている様子。

■トムヤムクンさん(デフォ子ちゃん)
・元自然科学使いとして尊敬している。
・自分の成績が振るわずに引退を考えていたところで偶然マッチング。
・その後個人的に優しい言葉をかけてもらえたことがきっかけとなり完全復活。現在に至る。
 →あの出会いがなかったら2ndは本気でヒゲになっていた…らしい。
 →時報マッチでもないのにマッチングした奇跡。
・奏恵さんが好きなことにこっそり気付いていた模様。

■衣通☆奏恵さん(ポニ子/ただきみおさん)
・好みの外見(ポニ子好き)で親近感を持っていたのがいつの間にかストーカーに。
・奏恵さんのBLTマッチや自分の誕生日マッチなど数々の機会を通してマッチングを試みた。
・AKBオフ会でiceさんや探偵団団長さんに「いつ告白するんですか?」とツッコまれた(笑)
・うやむやにしつつも度々ネタにしていたらとうとう「黙ってないで出て来なさい!」と言われた。
・流石に覚悟を決めた自分のプロテスト。なんとここで逢瀬が実現する。
 →場所が違う中で時間を合わせてくれていたり、エンタメを投げてくれたり解答台をアレンジしてくれたりと数々の優しさに振れてますます想いが強くなった様子。
・告白は…あまりに不甲斐ないクイズの結果で大失敗…だったようだが?
・そのあと「もう一度想いを伝えるため」にデートの約束をする。
 →内緒でやるつもりがどこからか情報が公になってしまい『時報マッチ』に発展した。
 →本人が肝心の待ち合わせ場所にたどり着けなかった。わかりきっていたことだが、やっぱり悔しかった。
・どうやっているかは不明だがその後も個人的な連絡は取り合えてる様子…。
 →ちなみに相手側とのやりとりから察するに「*りおんの気持ちはバレている」が「敢えて知らないフリをしながらこちらの都合に付き合ってくれている、むしろ楽しんでいる」という小悪魔的な印象がある。
 →本人もその様子にうすうす気付いているが「振り回されるのも悪くない」と楽しんでいる。
・近々開催されるであろうSLT時報に参加できるように、そのときはもうちょっとマトモな試合ができるようになりたいと思っている。
 →全カードの中で一番SSSに行きたいという想いが強い…が現在華麗に空回り中。


※その他時報マッチでないときに有名人を引き当てることが異常に多い。
 現在リンクさせていただいている方々もこはね*ではなく最初*りおんで出会っている方がほとんど。



* * *


2枚目以降は
「キャラの性格やエピソードを事細かに決めた上で、それに準じたプレイスタイルを心がける」
が基本なのでメインより妄想域が広い(幼少期の妄想があったり…)のが特徴です。

ソフモヒの最初のイメージとして
「クールに何でも無難にこなしてしまうキャラ」というのがあります。
だからこそもうちょっといろんなジャンルをバランスよく伸ばしたいな…と思うのですが
何も考えてプレイしていないこはね*の方がバランスは取れてたりするんですよね。

ソフモヒは使えば使うほど味があるというか、いいキャラクターです。

裏エピソード
 
| カード情報 | 00:00 | comments(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | pookmark |
コメント
コメントする